ストレスや食生活、ホルモンバランスなどによって起こる女性の薄毛に関する悩みはおまかせください!

女性の薄毛の原因は?

かつては薄毛で悩む、といえば男性でした。
しかし現在は、女性にも薄毛の悩みを抱える人が決して少なくありません。ある調査結果によると、薄毛に悩む女性は600万人にも上るそうです。

考えられる主な原因としては
(1)老化(加齢)とホルモンバランスの乱れによるもの
(2)ダイエット&食生活の乱れによるもの
(3)病気によるもの などが挙げられます。

(1)は誰もが避けては通れない「老化(加齢)」

生まれたての赤ちゃんの髪は、ぽわぽわとした産毛で生え方もまばらなことが多いですよね。
でも成長するにつれて髪も太く濃く生えてくるようになります。

髪がもっとも密度が濃く生えるのは20歳頃、それを過ぎると個人差はあるもののだんだん減っていきます。

また出産や更年期などにより、ホルモンのバランスが崩れてくるのが30~40代後半にかけて。これらはヘアサイクルのリズムを崩し、髪自体が細くなってしまったり、一度抜けた後に髪が再生しなくなったりします。

ホルモンバランスを整えるために、食事や生活習慣を整えましょう。適度な運動もオススメです。

(2)は一見真逆なようですが、食べ物が体を、髪を作っているということを実感するものです。

女性の多くが実践するダイエット。方法はいろいろありますが、毎日の食事をできるだけカロリーを抑えようとするでしょう。こうすると、少ない栄養素を効率的に体に取り込もうとするために、髪に送られる栄養は後回しになります。

また食生活の乱れは、例えば高カロリーのコンビニ弁当や手軽に食べられるファストフードなど、油分や糖分、塩分が多い食事を摂取すると起こりやすくなります。

これらを食べ続けることで増えた中性脂肪が、結果的に血管を詰まらせ、頭皮への栄養が送れなくなることがあります。

バランスよい食事を心がけましょう。特に良質なたんぱく質やミネラルを多く摂取することがオススメです。

(3)は頭皮の病気によるものです。

髪が抜ける病気は「脱毛症」と言われるものです。その種類はとても多いので、ここでは一例を挙げてみます。

  • 円形脱毛症…毛髪の成長期にも関わらず成長が止まることで起こる脱毛症です。
  • 接触皮膚炎…シャンプーなど直接頭皮につけるものが合わず、皮膚に炎症が起こり髪が抜けるものです。刺激の少ないアミノ酸のシャンプーに替えることで改善されることがあります。
  • 脂漏性脱毛症…ホルモンバランスが崩れたことで過剰に皮脂が分泌され、毛穴を塞いでしまうことで髪が生えなくなる状態です。
  • 薬剤の副作用による脱毛症…もっとも分かりやすいのは、抗がん剤治療による脱毛です。髪の毛だけではなく、眉やまつ毛なども全て抜け落ちます。治療が終了することで徐々に再生することが多いです。
  • 頭部白癬(カビの一種)による脱毛…「しらくも」とも呼ばれる、白癬菌による脱毛症です。子供に多く見られますが、近年では若い女性にも増えていると言われます。

いずれも専門医により治療が必要です。自己判断で薬を付けても、内服薬が必要な疾患もありますので、必ずドクターに相談しましょう。