ストレスや食生活、ホルモンバランスなどによって起こる女性の薄毛に関する悩みはおまかせください!

女性の薄毛治療費用は?

薄毛の治療には保険の適用がありません。

img 6555873

つまり、全額患者による自己負担(自由診療)となるため、 高額な治療費がかかることが想定されます。
それでも薄いまま、抜け毛の原因が分からないまま、もう生えてこないのでは?と ストレスを抱え続けていくことは、髪にはもちろん精神的にも大きなストレスとなり、症状を余計に深刻化させてしまうこともあります。

ここでは、薄毛治療にかかる費用の目安をお伝えしたいと思います。ただし、自由診療のためクリニックにより差があります。
実際に治療を受けたいとクリニックを見つけたら、必ずそのクリニックのホームページや電話で費用について確認をしましょう。
※薬剤は代表的なもののみです

  • カウンセリング…無料~10,000円程度
  • 初診料…3,000円~10,000円程度
  • 再診料…10,000円~30,000円程度(※初回に処方された薬の再処方を含む場合もあります)
  • 検査費…血液検査(肝機能・腎機能など) 5,000円~10,000円/回
  • 治療費…内服薬 パントガール 10,000円~20,000円/月
    ※1日3回服用外用薬 ロゲイン 5,000円~30,000円/月 ※1日1回塗布
    メソセラピー(カクテル注入) 15,000円~30,000円/回
    HARG療法 約200,000円/回・複数回コースが一般的(4~8回くらい)
    プラセンタ注入 2,000円(1アンプルあたり)~15,000円/回
    ※1週間に1~2回が効果的とされる

はっきり言って、いずれの治療も高額です。

しかも薄毛は一度薬を服用したから・一度注射をしたからといって、すぐに発毛という効果が表れるわけではありません。
発毛の効果が見られるまでに、少なくとも3~6ヶ月はかかるのが一般的です。

例えば、薬代が1ヶ月あたり30,000円×12ヶ月で360,000円、これに診察費、クリニックまでの交通費などが加わりますので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

薬の副作用について

薄毛治療に限りませんが、薬には効果という作用があり、場合によっては副作用が起こり得ます。
例えば「ロゲイン」に含まれるミノキシジルという成分ですが、元々は血圧降下剤でした。血管を広げる作用があるのですが、治療の過程で多毛になる患者が多かったことから、薄毛の治療に用いられるようになったという経緯があります。

起こる可能性は決して高くありませんが、頭皮の痒み・炎症・湿疹のほか、脂漏性皮膚炎、眠気、頭痛、むくみ、血圧低下などの症状が確認されています。
また薬そのものでアレルギーが起こる場合もあります。

薄毛治療の薬はネットなどで購入することも出来ますが、このような副作用が出てからでは遅いのです。
必ず医師の診察の下に検査を受け、自分の症状に合った薬・治療法を施すようにしましょう。